Service

CPaaSとは「通信機能をAPIで接続するクラウドサービス」を指し、音声通話やSMS、音声・映像による会議システム、通話録音・音声認識やIVRなど通信に関わるサービスやバックオフィスで利用されているシステムの間を、APIを利用して接続することができる技術を用いたサービスです。自社でシステムを構築せずに、カスタマーサービス、企業内オペレーション、組織外とのコミュニケーションを大幅に改善します。

CPaaSについて詳細はこちらから

CPaaSの仕組み

CPaaSは、コミュニケーションに関するシステムとシステムをAPIで連携するための「コミュニケーションAPIプラットフォームサービス」です。新たなシステムを開発しなくても、既存のシステムの拡張や新しいサービスを導入できます。CPaaSのコミュニケーションAPIを活用することで、企業の収益の改善、お客様とのコミュニケーションの最適化だけでなく、ビジネスのイノベーションを実現します。

CPaaSが使われる理由

CPaaSが提供するコミュニケーションAPIプラットフォームにより、企業とお客様の間に最適な顧客体験を構築します。

NPSを上げる

CPaaSのAPI連携によるシームレスなオムニチャネル・コミュニケーションでNPS(ネットプロモータースコア)を上げることができます。

システム構築が不要

CPaaSでは、新たなシステム構築は必要ありません。APIを連携させるだけで既存システムを拡張することができます。新しいサービスを追加するのもAPI連携のみで可能です。

生産性を高める

システム間をシームレスに繋ぐことで必要な情報の共有や連携ができるため、業務の効率化や生産性の向上が図れます。

ニュース掲載メディア

月刊コールセンタージャパン ロゴ
日刊工業新聞社 ロゴ
セールスジン テクノロジーで営業活動を支援するウェブマガジン ロゴ
@プレス ロゴ

カスタマーサービスと顧客体験を改善し、皆さまのビジネスを加速させます

お問い合わせ